最新情報

HOME» 最新情報 »年に一度の『経営研究集会』!!

最新情報

年に一度の『経営研究集会』!!

全国で4万6千社、宮城県内1018社が
学び、実践する中小企業家同友会で

経営研究集会が開催されました。




基調講演では、愛知同友会から

車の部品製造会社、加藤社長の講演を聞きました。

リーマンショックで売り上げが7割減の
年商25億から業種を変えず

7年で60億円までV字回復した軌跡を話して頂きました。

今ある仕事の半分は無くなる仕事と考えて

次の仕事を模索し仮説、実践、検証、実践を

高速で廻すことの繰り返しから次の一手を

打ち出していく。

わかっていてもやれない理由は何か?

物、人、金自社に足りないリソースを外部と組んでクリアして改善する。

社員の為、地域の為とひたすら実直に実践する姿勢に強く感銘を受けました。

 

社長が変われば、社員が変わる。

社員が変われば、会社が良くなる。

社員が良くなれば、社員の家族が良くなる。

家族が良くなれば、その地域が良くなる。

好循環の流れを常に社長が考えるべきだと

改めて感じました。そしてその覚悟をどれだけ持っているか?

社長の資質を磨く場所同友会だと確認しました!!



 

宮城同友会の皆さん、実行委員会の皆さん、

基調講演の加藤社長、ありがとうございました。

H29.11.20
大貫潤平

2017/11/24