「あいが、まんなか。」ブログ

HOME» 「あいが、まんなか。」ブログ »小さなこだわり [トレードオフ第2弾]

「あいが、まんなか。」ブログ

小さなこだわり [トレードオフ第2弾]

前回のブログから間が空いてしまいました~_~;
ちなみに前回のブログはこちらです!

オープンハウスの準備と
上棟でてんてこまいでした。
からの卒業式〜^ ^

少しリセットします。


さて前回の続きですが、
こだわりを持って家を作るとドンドン単価が上がります。

しかしエブリデイの家にならなければ意味がズレてしまう。
と書きました。

商売としてはマグネット商品があるのとないのでは
印象がまるで変わります。

大貫建築では小屋裏がそれに当たるわけですが、
全てに原価がかかるために
コストダウンではありません。

コストダウンの根拠がなければ、何を基準に交渉したら良いのか?

わかりませんよね。

大貫建築は今から6年前に
一部上場企業のNACと業務提携を結びました。

理由はスケールメリットを生かしたコストダウンと
コストダウンをする定義を自社に取り入れるためです。

コストクリニックと呼ばれる考え方や、
変動費、固定費の住み分け。
建物のルール設定

長期的なメンテナンス費用の削減。

何を標準とし何をオプションとするか?

全国6000社が加盟しており半年ごとに
「単価調査レポート」が届きます。

数十ページになる根拠。

数十ページになる根拠


地域、平均、最安値が細かくなっている。
地域、平均、最安値が細かくなっている。

全国の工務店の地域別単価を元に現状の大貫建築の単価は適正か?
震災の影響は各県どのように推移しているか?を
細かく見ていきます。

この6000社からなる根拠こそが本当に参考になるのです。
この根拠を元に各メーカー、業者さんと単価の取り決めをしています。

内容は、
お中元、お歳暮は一切いりませんのでこの根拠に基づいて単価を下げて欲しい。

更に、飲食の席では大貫建築がおごることはあっても
業者さんからの接待は一切いりません。

と徹底しています。

堅物と思われてもこの根拠こそが大切でお客様はいくらでエブリデイの家に住めるのか?を

常にこれでもか‼︎
これでもか‼︎と考えています。

もちろん、やり過ぎでは業者さんが近寄りません。

この価格を元に一例としてキッチンのトレードオフを探る。

腕を存分に発揮してもらう単価、お客様にとっての
エブリデイの家、
会社の利益。

マグネット商品の確立…

たくさんの情報と情熱を駆使して家づくりをしています。

トレードオフには水面下で
いかに三方よしが叶えられるか、バランスは良いか?との闘いの末に生まれると思っています。

真面目に書き過ぎてすみません^ ^

ではまた‼︎
2016/03/05

「あいが、まんなか。」ブログ

HOME

最新情報

mamanのおうちの仕様と価格

求人

ママンタイムス

会社概要

大貫建築の小さなこだわり


DAYFIELD